音楽と日本酒のコラボ

明日(6/6)のアレイホール「酒・蔵・シック〜仲田淳也のクラシックBAR」の話題を二つ。その1です。

日本酒プロデューサー上杉孝久さんが、1992年に東武百貨店本店のお酒売り場内で開店した「BAR 楽」。20年間にわたって、売り場面積当たりの売り上げでトップクラスの数字を維持、伝説の日本酒バーと言われています。小さな蔵の隠れた地酒を、テイスティングスタイルで飲めるバーがデパ地下に。日本酒の若い女性ファンがぐんと増えたというのも納得。

上杉さんと奥様のみすずさんのご協力のおかげで、音楽と日本酒のコラボ、大人の寄り道「酒・蔵・シック」が実現しました。毎回、音楽、日本酒ともに、通の方もそうでない方もお楽しみ頂けます。気軽だけれど、けっこう「がっつり」なところもあり、生の美味しさと面白さがそこかしこに。明日も楽しみです。

https://www.breezenote.jp/「酒・蔵・シック」日本酒2018-19/?fbclid=IwAR1lOSpGm-qF-yV89StnZpneEwaBJHxyNNNn9Gw_--7MwnV_FTxo8UCcasE

 

ただいま東武百貨店本店のお酒売り場では「小さな蔵の隠れた地酒祭り」開催中。上杉さんの企画で始まり20年続いているそうです。「楽」はもう行けないけれど、こちらはちょいちょいのぞけそう。
http://www.tobu-dept.jp/ikebukuro/shop/101968501/