植草 ひろみ(うえくさ ひろみ) チェロ


東京芸術大学付属音楽高校を経て同大学卒業後、10年間(財)新日本フィルハーモニー交響楽団に在籍。

在団中、2年間米国シンシナティに留学、同地でリサイタルを開く。退団後、ピアソラのCD“Cafe 1930”をリリース。

オペラシティリサイタルホールでのCD発売記念コンサートでは本邦初演の曲を演奏し、好評を博す。

また、NHK-FM"午後のリサイタル”出演、国内外のアーティストの録音やカーネギーホール公演、草月ホールでのリサイタルなどを行う。

近年は“癒しの音楽”をテーマに、“Sound of the sky”というハープの早川りさこ氏とのデュオコンサートが好評を得ている。

2011年7月、ディスククラシカより2人の演奏を収録した“いつかの美しい日のように”というタイトルのCDをリリースした。

また2013年2月には東京労音主催による”Graceful cello 植草ひろみConcert”が東京文化会館小ホールにて開催された。

 現在、聖徳大学音楽学部講師。その他、室内楽やオーケストラの首席奏者など幅広い演奏活動を行うチェリストとして活躍中。

 

2012年、2013年と連続で仙台在住のピアニスト、田原さえと二人で宮城県の児童館や公民館など6ヵ所で震災復興応援プロジェクト「つなごう未来への夢!」と題する無料チャリティコンサートを行う。

 

2015年、ピアニストで作曲家の中村由利子と新ユニット「Liberoba リベロバ」 結成。

6月18日東京文化会館でコンサート「Liberoba The Concert」開催。チケット発売中。

コンサートやメディアの情報はこちらから   http://www.U1.sokei.co.jp/Hiromi/